So-net無料ブログ作成

障害者施設入所女性に乱暴、元支援員に実刑判決 千葉地裁(産経新聞)

 千葉県内の障害者支援施設で、重度の知的障害がある20代の女性入所者に乱暴したとして、準強姦罪に問われた施設の元生活支援員、榊田悠人被告(23)の判決公判が21日、千葉地裁であった。

 安東章裁判長は「立場を悪用し、被害者が抵抗できず被害を誰にも伝えられないことに乗じた、非常に悪質で卑劣極まりない犯行」として、懲役4年6月(求刑懲役7年)を言い渡した。

 安東裁判長は判決理由で、「社会に与えた衝撃や不安感も軽くみることができない」とする一方、「計画性や常習性はない」とした。

 この日、弁論が再開され、弁護側は被害者側との示談成立を報告。検察側は懲役8年とした求刑を1年下げた。

【関連記事】
体罰の問題施設名は公表すべき? 橋下知事の判断は…
障害者女性に乱暴容疑で生活支援員の男を逮捕 千葉県警
閉鎖的な組織風土 虐待問題で厚労省が報告書
神戸の児童自立支援施設で体罰 市が処分を検討
更生保護施設の現状 再犯防止に欠かせぬ経済的安定
中国が優等生路線に?

<酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
防火講習「見直し」判定=受講料や内容に問題―公益法人仕分け(時事通信)
ライター 販売規制へ…安全機能を義務化(毎日新聞)
渡辺元郵政相が参院選不出馬(産経新聞)
省エネ大賞・新エネ大賞は廃止…仕分け第2弾(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。