So-net無料ブログ作成

臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応−厚労省審議会(時事通信)

 新型インフルエンザの予防接種のあり方を検討する厚生労働省厚生科学審議会の予防接種部会が27日開かれ、予防接種法が定める臨時接種の類型に、弱毒性ウイルスに応じた「2類」を創設することで合意した。
 現行の臨時接種は、致死率の高い強毒性新型インフルエンザや天然痘ウイルスを想定。社会経済機能の停滞防止を目的とし、定期接種の「1類」に準じて接種には努力義務が設けられている。弱毒性インフルエンザにはふさわしくなく、新たな枠組みが求められていた。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策
インフルワクチン製造で子会社設立=強毒向け、12年から販売-IHI
訪日外国人、過去2番目の減少=景気後退など響く

無登録で未公開株販売=不正1億7千万円か−投資会社元会長ら3人逮捕・愛知県警(時事通信)
万引き容疑者、飛び降り死亡=警官追跡中、12階屋上から−大阪(時事通信)
首相動静(1月23日)(時事通信)
「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)
谷垣総裁「疑惑追及し解散迫る」=政権奪還へ結束訴え−自民党大会(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。